LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社コプロ・ホールディングス 清川甲介

氏名
清川 甲介 (きよかわ こうすけ)
生年月日
1977年
趣味
ゴルフ、筋トレ(週2日)
座右の銘
積小為大
心に残る本
松下幸之助の著書全般
尊敬できる人
父、坂本 龍馬

社名
株式会社コプロ・ホールディングス
本社所在地
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12
大名古屋ビルヂング27F
資本金
3,000万円(2018年1月現在)
従業員数
1,440名(2018年1月現在/正社員、派遣社員含む)
事業内容
建設エンジニア専門人材派遣事業、アカデミア事業
株式会社コプロ・ホールディングス
代表取締役

清川 甲介

Kiyokawa Kosuke

壁は、前向きに進む人だけに現れる

私は、会社説明会などで学生の方々に向けて話をする時、必ず伝えていることがあります。それは、「自分の軸を持つべきだ」ということです。昨今の学生の就職活動を見ていると、「勤務地はどこか」、「初任給はいくらか」、「福利厚生はどうか」といった条件面に軸を置いている人が目立ちます。もちろん、そういった部分が重要であることは否定しませんが、社会に出て長く働き続けていくためには、もっと重要視しなければいけない「自分の軸」があるはずです。

私が社会に出た当時のキーワードは、「人」でした。何をしたいかではなく、誰としたいかということです。建設会社で現場監督として働いた後、人材業界に営業として飛び込みましたが、入社を決めた理由は、面接を担当してくださった所長に惚れ、「この人と一緒に頑張りたい」と強く感じたからです。まさしく人生のターニングポイントでした。その会社にどれだけ魅力的だと思える人がいるかが、社会に出ていくうえで最も大切にすべき軸だと、私は考えています。

株式会社コプロ・ホールディングス 清川甲介

「この人を自分の力でもっと出世させたい!」、「会社の歯車としてではなく、自分で会社を動かすんだ!」という気概を持った学生が少ない印象を受けています。「ゆとり世代」や「さとり世代」だと形容されることも多くなりました。それは若い方々に覇気がないということよりも、ただ単に余計なことを考えすぎなのではないかと私は思っています。

目の前に分岐点が現れると、「こっちを選ぶとどんなリスクがあるのか」といった考えが先行し、すべてに尻込みしてしまっている気がします。しかし選択というのは、今まで生きてきた自分を信じ、最終的には直感で選ぶしかありません。自分の軸を持ってさえいれば、何も恐れることはありません。自分の感性に自信を持ち、瞬時に決断できる人は、社会に出てもきっと活躍できるはずですから。そうした考えを貫いていけば、これからの日本を背負っていく人財として、きっと頭角を現していくはずです。

社会は決して甘くはないですし、そこには必ず壁が現れます。ただ、壁が出てくるということは、前に進んでいる何よりの証。ずっと立ち止まっていたり、ネガティブな行動ばかりしている人には、決して壁は現れません。その壁の先には、新たなステージが待っています。チャンスは与えられるものではなく、作り出すものです。ぜひ勇気を持って一歩を踏み出してください。