LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

アポロクリエイトホールディングス株式会社 鳴海千尋

氏名
鳴海 千尋 (なるみ ちひろ)
生年月日
1955年
趣味
読書、旅行、温泉、テニス、スキー、水泳
座右の銘
先憂後楽
尊敬できる人
坂本龍馬

社名
アポロクリエイトホールディングス株式会社
本社所在地
東京都品川区西五反田7-22-17
TOCビル8階
従業員数
15名( 2017年 10月 現在)
事業内容
フォトオートメーション(PA)機器の輸入卸販売
アポロクリエイトホールディングス株式会社
代表取締役

鳴海 千尋

Narumi Chihiro

未知の才能は必ずある

私は弘前大学理学部で物理を専攻していました。周囲は研究者になる人も多かったのですが、私は元々活動的な性格で、広く社会を見てみたいという思いが強く、民間企業を希望。当時は自分に情報処理やコンピュータ系の仕事に適性があると思っていて、情報システム会社へ入社しました。しかし、その会社で配属されたのは商品事業部という品質管理の部署。希望する仕事とのギャップを感じ、3年で退社しました。

次に勤めたのが、その後22年勤めることとなる大手光学機器メーカーでした。担当したのはプリンターの海外マーケティングと国内営業。やはり、自分の希望とは異なりますが、その仕事は私の視野を大きく広げてくれました。自分で戦略を考え、働きかけることで人に影響を与え、物を買ってもらう仕事に、やりがいを感じるようになったのです。苦しい経験もたくさんありましたが、販売トップも経験するなど、社会人としての自信を身に着けることができました。

アポロクリエイトホールディングス株式会社 鳴海千尋

しかし、40歳を過ぎ管理職になると、現場よりも、書類に目を通すような仕事が増えます。世の中を自分の目で見、直接お客様とかかわりたいという気持ちが強く、47歳で起業を決意をしました。周りからは心配されましたが、それまで培った物を売る能力に自信があり、私自身は楽観的でした。

2003年に会社設立、まず手掛けたのはリサイクルトナー等の販売です。ECサイトの仕組みを学び、自分でサイトを作るなど、新しく覚えることが多く苦労しました。そして、売上が安定してきたころに出会ったのがフォトオートメーション。3Dを使いECサイト等の写真撮影を行う技術です。将来性を感じ、機器の販売店となることを決意。大きな投資となるため反対もされましたが、やはり良いものは売る自信があります。当初は認知が進まなかったものの、次第に利用者は増え、近年は年商が倍増。今は、よりこの技術を知ってもらうための方策を日々考えています。

若い時に好きなこと、向いていると思うことは、大切にすべきです。しかし、自分が考えている適性はもしかしたら思い込みかもしれません。知らない世界に飛び込むのは不安なものですが、必ず発見や出会いがあり、世界は大きく広がっていきます。若い人には、自分の知らない才能を探り当て、将来を見つけていってほしいと思います。