LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

アパグループ 元谷外志雄

氏名
元谷 外志雄 (もとや としお)
生年月日
1943年
趣味
モータースポーツ、射撃
座右の銘
男一世一代、如何程の事が出来るものかトライして生きろ
心に残る本
『孫子』(孫武)
尊敬できる人
織田 信長

社名
アパグループ
本社所在地
東京都港区赤坂3-2-3
資本金
19億1,200万円(2015年8月現在)
従業員数
約2,700名(2015年8月現在)
事業内容
都市開発事業、総合建設事業、ホテル事業、総合金融業
アパグループ
アパグループ代表

元谷 外志雄

Motoya Toshio

知識を知恵に変える力を蓄えよう

みなさんは今、どんなことに関心がありますか? 好奇心を掻き立てられて情報を集める。そしてその情報を解析し、経験によって検証する。この一連の作業で身に付けた知恵は教科書からは得られない、かけがえのない財産です。

好奇心の対象がなかなか見つからないという人は、新聞を読んでみてください。私は父の教えに従い、小学生の頃から今日まで、何紙もの新聞を読み比べることを日課にしてきました。そして、わからないことがあれば『現代用語の基礎知識』などで徹底的に調べ、さらに知識欲を満たすために分野別に頭から読みました。そのことで私は「常識力」を身に付けることができたのです。

さらに、複数の新聞を読み比べることは、本当の意味での読解力も養います。同じ話題でも新聞によって取り上げ方は様々で、各紙を読み比べることで真実が見えてきます。行間を読む習慣を身に付ければそこに隠された真意を汲み取る力を養うことができるのです。

また、自分の考えを相手に伝えるための言葉を身に付けてください。それは語学力ではなく、自分の哲学や国家観、歴史観です。私はこれまで世界81カ国を訪れ、各国の首脳や要人たちと対談してきました。どんな相手でも自分の考えをぶつけ、相手の話に真剣に耳を傾けてきたことで、世界基準で物事を考えることができるようになりました。そのことが事業における的確な先読みにも役立っています。

アパグループ 元谷外志雄

みなさんの中には将来、企業のトップやリーダーになる人が少なからずいると思います。人の上に立っても好奇心を持ち続け、アンテナを高く張り巡らせることを忘れないでください。高感度レーダーを搭載した飛行機と、レーダーのない飛行機、社員はどちらに乗りたがるか答えは明白です。当社のホテルが、「新都市型ホテル」という新しいスタンダードを生み出してきたのも、利益率で業界トップクラスになり、海外進出を果たすことができたのも、アンテナを高く持ち、常に先を見据えて行動に移してきたからです。

最後に、現状に甘んじることなく未来を見てください。今日の最善は明日の最善ではありません。そして、一度や二度うまくいかなくても諦めてはいけません。「逆境こそ光輝ある機会なり(Adversity itself is a splendid opportunity.)」。これから社会の荒波に舟を漕ぎ出すみなさんに、この言葉を贈ります。