LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社ハウジングサクセス 金子徳公

氏名
金子 徳公 (かねこ のりひろ)
生年月日
1973年
趣味
筋トレ、ドライブ、旅行、発見
座右の銘
「失敗はしても後悔のしない人生」
心に残る本
『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)
尊敬できる人
両親 織田信長

社名
株式会社ハウジングサクセス
本社所在地
東京都練馬区旭丘1-66-1
資本金
1,000万円
従業員数
9名
事業内容
不動産を中心に生活全般に係る商品提供を主とする、FP活用した継続的コンサルティングフォロー
株式会社ハウジングサクセス
代表取締役

金子 徳公

Kaneko Norihiro

「ファン」が付く人材に

私は昔から、自分が置かれた状況を、環境や他人のせいにする考え方が嫌いです。与えられた環境で最大限の結果を出すため、「自分が今できることは何か」を常に考える姿勢で生きてきました。たとえば、私は高校を中退していますが、「学歴の高い人に負けないためにどうすればよいか」と考え、起業を志すようになりました。中退自体はマイナスなことかもしれませんが、普通に卒業していれば今の自分はなかったでしょう。

その後、不動産業界に入るにあたり、当時高卒資格が必要だった宅建を取得するため、定時制高校に入り直して卒業しています。結果を出すために必要であれば、自分の意志でいつでもやり直すこともできるのです。

高校中退後、私に社会人としての基礎を教えてくれたのは、アルバイトとして働いた洗車場の店長でした。お客様が来ると、近所に響くほど大きく、明るい声で挨拶し、仕事は誠実で手を抜きません。お客様に彼のファンがたくさんいて、遠くからでもわざわざ訪れてくるほどです。素直に、「このような大人になりたい」と思いました。私は洗車場の正社員となり、店長代理に昇進した後、不動産業への転職を決めましたが、その時の転職先も店長のお客様がご紹介してくれました。

株式会社ハウジングサクセス 金子徳公

不動産業は、まさにお客様に自分のファンになってもらわなければいけない仕事です。単に物件を売買するのではなく、私を買ってもらうからこそ大きな金額の買い物をしてくれます。そのために万能な方法はありません。たとえば、新入社員と長いキャリアのある私では知識に大きな差があります。しかし、お客様の質問に私がすらすら答えるより、新入社員が一生懸命に考え、わからないことがあってもごまかさず、「明日までに調べてきます」と答えたほうが、深い信頼関係を築けることもあります。社会人として最低限のスキルや礼儀を身につけるのは当然ですが、自分なりの姿勢でお客様に真摯に向き合うことが大切なのです。

これから社会に出る若い方に言いたいのは「会社のために仕事をするな」ということです。お金は会社からではなく、お客様からもらうものであり、会社は報酬を分配するシステムにすぎません。大切なのは今の自分にできる最善な方法を考え行動すること。 自分自身にファンが付くようになれば、どの業界、どの会社に行っても通用する人材になれると思います。