LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

パーソルホールディングス株式会社 篠原欣子

氏名
篠原 欣子 (しのはら よしこ)
生年月日
1934年
趣味
ウォーキング
座右の銘
置かれた環境で一生懸命、必ず光は見えてくる

社名
パーソルホールディングス株式会社
本社所在地
東京都港区南青山1-15-5
資本金
17,467百万円(2018年3月31日時点)
従業員数
連結37,812名(2018年3月31日時点)
事業内容
労働者派遣事業・有料職業紹介事業等の事業を行うグループ会社の経営企画・管理並びにそれに付帯する業務
パーソルホールディングス株式会社
名誉会長

篠原 欣子

Shinohara Yoshiko

ただ、明日だけを見続ける

私が事業を発展させていく過程で重要だと感じたことは「失敗を恐れずにチャレンジし続けること」と、「継続すること」の2点です。

これから社会で活躍していく皆さんに様々なことを前向きに取り組み続けてほしいと思います。そして、自分が興味を持ったものを継続してほしいと考えています。失敗を恐れず、ひたむきに未来だけを見続けてください。

心の声に従ったからこそ私は「起業」のきっかけを得ることができました。28歳の時に「このままでいいのだろうか?」という内なる声に突き動かされ、英会話学校に通い始めました。語学を学ぶうちに「海外へ行きたい」という気持ちが芽生えてきました。当時、留学する人々は限られていましたが、最後には「想い」が勝ちスイスに渡りました。その後、渡英し、ついにオーストラリアのマーケティング会社に勤務していた際に、現在のビジネスの基幹となる派遣サービスのヒントを得ることができました。女性が精力的に働く姿に驚き、誰かが休んでも臨時で派遣されるスタッフがスムーズに仕事をこなす姿に衝撃を受けたのです。帰国後、就職しようと思いましたが、オーストラリアの自由な環境で働いてきたため、男性主導な日本の環境に違和感を感じました。そこで、当時、日本にはなかった「人材派遣」というサービスを始めてみようと思い立ったのです。

パーソルホールディングス株式会社 篠原欣子

創業当時は終身雇用が当たり前の時代でしたので、案件獲得どころか、サービスを理解していただくことが大変でした。しかし、諦めずに続けたからこそ現在の当社が形作られました。運営資金を稼ぐため、夜になったら表札を変え、英会話教室を開きました。海外経験があったことで、外資系企業や語学を活かして働きたい方々の気持ちが理解できたこともあり、少しずつ「お得意様」が増え始めました。一日も休むことなく、毎日毎日、無我夢中で外資系企業を回っていました。そんな努力が実を結び、お得意様が他の企業を紹介してくれたり、優秀なスタッフがお友達を紹介してくれたりすることで、徐々に需要が拡大していきました。

たとえつまずいても、そこから何かを学ぶことができれば失敗ではありません。私もつまずくことでたくさんのことを学びました。そして一度挑戦すると決めたことは頑張って、続けてみてください。必ず道が開けますよ。