LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

カレーハウスCoCo壱番屋 宗次德二

氏名
宗次 德二 (むねつぐ とくじ)
生年月日
1948年
趣味
早起き、街の掃除
座右の銘
手を差し伸べる
尊敬できる人
小山 実稚恵氏(ピアニスト)

社名
カレーハウスCoCo壱番屋
本社所在地
愛知県一宮市三ツ井6-12-23
資本金
15億327万円
従業員数
1,317名(連結)、753名(個別)(2019年2月末)
事業内容
カレーハウス CoCo壱番屋の店舗運営及びFC展開
カレーハウスCoCo壱番屋
創業者

宗次 德二

Munetsugu Tokuji

感謝の気持ちを持つことから始めよう。

経営とは「社会に何か役に立つことをすること。弱い立場の人に手を差し伸べ、心を寄せること」であるべきだと考えています。創業時代、毎日疲れ果てるような生活を送っていましたが、それでも「健康で仕事をさせてもらえる」ことへの感謝の気持ちを何かに表したいと、この理念が生まれました。社会貢献は、経営者の義務との思いです。その原点は、自転車操業の創業期に社会福祉協議会への寄付を20万円から始めたことです。事業が拡大するにつれて金額も膨らみ、いつしか経営利益の1%以上は社会貢献に使おうと決めていました。事業を引退してからは、そのことを公表し、世の中に啓発していこうと活動しています。同じ理念を持ってくれる経営者を増やしたいと思っているのです。

小さな喫茶店の出前で出したカレーライスが、ココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋)の原点。未経験だった飲食業をここまで広められたのは「考えることより、現場主義でとにかくやってみる」ことを大切にし、チャレンジしてきたからです。明日のことを考えなくても、まずは今日目の前にあることを精一杯やることが未来につながると信じてきました。社外のお客様やお取引先様、そして社内のスタッフに対して、関わり合いをうまく進ませるヒントというのはいつも現場に落ちていました。ですから、営業所、工場、お店、あらゆる現場で時間を費やすことは非常に多かったですね。経営に関わる業務も行うわけなので、それは大変なことでしたが、私は自分の人生を良いものであったといつも思えたんです。それは誠心誠意、仕事に向き合い、人の役に立つことができた実感があったからでしょう。

カレーハウスCoCo壱番屋 宗次德二

働く上で、まず心に持つべきは「感謝」の気持ちです。感謝を大切にしながら、目標を持ちましょう。自分の目指す先が定まっていないなら、人と比較することを軸に「誰よりもこれだけは負けないぞ」「これだけは会社の中で1番になるぞ」という目標でも構いません。達成できそうな手の届く目標を常に持ち続け、30代はこれを目指し、40代はこれを目指そう。そうしたことを重ねながら、自分で歩む道の選択肢を増やしていきましょう。

大人になったら人生は自己責任です。今の若い人たちには、日々の目標を持って、社会に役立つことのできる人間を目指してもらいたいですね。