LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社イエローハット 堀江康生

氏名
堀江 康生 (ほりえ やすお)
生年月日
1952年
趣味
ドライブ、料理、囲碁、動物を飼うこと、猫グッズ収集、フィットネス
座右の銘
もっと感動、もっとしあわせ
心に残る本
『親子で学べば必ず伸びる』三浦俊良
尊敬できる人
鍵山 秀三郎(当社創業者)

社名
株式会社イエローハット
本社所在地
東京都千代田区岩本町1-7-4
イエローハット本社ビル
資本金
150億7,200万円(2017年8月末現在)
従業員数
連結3,254名
事業内容
カー用品等販売事業
株式会社イエローハット
代表取締役社長

堀江 康生

Horie Yasuo

何事も楽しむ気持ちが、道を開く

私にとって「働く」ことは呼吸をするように自然なことです。仕事がつらい、苦しいと思ったことは一度もありません。仕事を通じて成果を出し、自分の成長を感じられることを心から楽しんでいます。

思えば学生時代から、私はよく働いていました。家が裕福ではなく、大学の学費と生活費はすべて自分の稼ぎで賄っていたのです。日雇い仕事から住み込みの警備、ウェイターなど、本当にさまざまなアルバイトを経験。何事も途中で投げ出すのが嫌いな性分で、どの仕事にも最後まで真面目に取り組み、やり抜きました。いわゆる「苦学生」なのでしょうが、苦しいと思ったことはありません。どの仕事も楽しみ、「何でもやっていける」という自信も身につけたのです。

当社でも、倉庫担当、販売、経理・総務、営業管理など、「やっていない仕事はない」と言えるくらい、あらゆる職種を経験しました。会社が成長していく過程では新しい仕事も生まれますが、初めてのことで進め方を知らないし、仕事も増えます。どう評価されるかもわからないため誰もやりたがりません。でも、私はすべて引き受けてきました。新しいことへの挑戦は、私にとってはワクワクすること。違う世界を見るのが楽しいのです。自分なりに工夫をすれば成果が出て、さらに楽しくなる。それを繰り返す中で期待以上の成果を出し続けて、気づけば社長というポジションを任されるまでになりました。社長就任時は二期連続の赤字というどん底の時期でしたが、それでも会社を立て直す自信はありました。社内のあらゆる仕事をしてきたから、どこをどうすれば良くなるのかが明確にわかっていたのです。社内のすべての部門を回って、無駄なこと、おかしなことを一つひとつ潰していきました。そして翌期には黒字化を達成。その後も順調に利益を伸ばし、前期は過去最高益となりました。

株式会社イエローハット 堀江康生

今は情報過多の時代で、就職先を決めるのにも情報がありすぎて迷ってしまう学生も多いでしょう。企業の評判などもネットですぐ調べられますが、そうした情報に振り回されて志望先をころころ変えたり、転職を繰り返したりしていては、何も実になりません。「この会社で働くんだ」「この仕事をするんだ」と決めたら腰を据え、与えられた職務に向き合っていく。そのようにぶれない軸を持ち、置かれた環境を楽しみ、真摯に取り組んでいく姿勢が道を開いていくのではないでしょうか。