LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社オールアバウト 江幡哲也

氏名
江幡 哲也 (えばた てつや)
生年月日
1965年
趣味
ゴルフ、図面引き、料理
座右の銘
動機は善か?
心に残る本
『ローマ人の物語』塩野七生、『晏子』宮城谷昌光
尊敬できる人
カエサル、晏子、斎藤 道三

社名
株式会社オールアバウト
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿1-20-8
エビススバルビル6F
資本金
11億7,400万円(2015年10月末現在)
従業員数
約150名(2015年10月末現在)
事業内容
専門ガイドによる総合情報サイトの運営、インターネット広告事業
株式会社オールアバウト
代表取締役社長

江幡 哲也

Ebata Tetsuya

不確実な時代を生き抜くために

私が事業を始める際、基準にしていることが三つあります。一つ目は、時代の変化に貢献できるものであるということ。新しい価値を提供できるか、これが事業のコアとなる力です。二つ目は、その事業によってコスト構造が変わるかということ。業界や人々の生活に変化をもたらすかどうかを見ます。そして三つ目は、レバレッジが効くかということ。ある地点を境に、事業がぐんと伸びていく可能性があるかどうか。この三つを満たす事業であれば、大抵の場合、成功すると言っていいでしょう。

私が会社を立ち上げた当初の2年間は、「来週どうなるかわからない」という状況が続きました。社長としては、銀行の残高という形で日々数字を突きつけられるわけです。そんな中、競合は次々に撤退。経営スタッフが心配して相談に来たこともありました。

当時、ストレスが全くなかったと言えば嘘になりますが、私自身はその状況を楽しめるタイプなのだと思います。「大丈夫だから」と言い続けて突っ走るうちに事業が軌道に乗り、今に至っています。厳しい状況の中で、自分の確信に従って進むことができたのは、かつてリクルートに勤めていた頃に多くの事業を立ち上げた経験が大きかったと言えるでしょう。

株式会社オールアバウト 江幡哲也

これからは不確実な時代です。2020年以降、世の中の状況がどうなるか、正直なところわかりません。できるだけ若いうちにたくさんの経験を積み、力をつけていくために、短期間で成長できる環境に身を置くことが大切です。そして、仕事を「じぶんごと」としてとらえ、持っているエネルギーを発揮すること。そのためには、自分が興味を持って取り組めることを選ぶべきです。加えて、グローバルに活躍できる力をつけておくことも必要になるでしょう。

そして、今の自分よりも一回り大きな自分になることを目指してください。30歳までにこうなりたいと漠然と思っていることを、「25歳までに」というように期限を早めてみる。そして、今の自分の枠を打ち破り、より大きな志を抱いてほしいと思います。

今の学生は、昔の学生よりもたくさんの情報に触れることができるでしょうし、コミュニケーションの総量も多い。私が学生だった頃より、よく考えている人が多いと思います。ただ、物事は実現しなければ意味がありません。ぜひ大きな志を抱いて、社会に飛び出していってください。