LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社イエローハット 堀江康生

氏名
堀江 康生 (ほりえ やすお)
生年月日
1952年
趣味
ドライブ、料理、囲碁、動物を飼うこと、猫グッズ収集、フィットネス
座右の銘
もっと感動、もっとしあわせ
心に残る本
『親子で学べば必ず伸びる』三浦俊良
尊敬できる人
鍵山 秀三郎(当社創業者)

社名
株式会社イエローハット
本社所在地
東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16
馬喰町第一ビルディング
資本金
150億7,200万円(2015年9月末現在)
従業員数
グループ連結2,563名
事業内容
カー用品等販売事業
株式会社イエローハット
代表取締役社長

堀江 康生

Horie Yasuo

叱られた時こそ「成長と成功」に繋がるチャンス!

現代では、「人を叱る」ということは敬遠されがちです。ところが私はこれまで、「人に叱られる」ということを喜んで受け、それにより成長してきました。「他人が自分を叱る」ということは、自分の改善点を教えてくれているからです。指摘されたことを素直に受け入れて直していけば、自分の欠点は自ずと消えていきます。つまり、「叱られる」ことは自分のためになるということです。ですから私は、会社の代表として、常に「いい人」である必要はないと考えています。社員に対して疑問に思うことがあれば何度でも、相手がこちらの指示をちゃんと実行しているのかを問います。それは、謙虚さを持ち本音をぶつけ合うことで、社員も会社も伸びていくと思うからです。

運にも恵まれましたが、私は曲がりなりにも、当社の事業を回復させることができました。その理由のひとつですが、私は当社で様々な職種・業種を経験させて頂き、その都度、上司からお叱りの言葉を頂けたことです。会社の業績が思わしくなかったときに、私は社長に就任したのですが、お叱りの言葉を糧にしてきたことで、その経験が大変役に立ちました。経営改革に乗り出したときは寝る間もないほどの激務でしたが、私はまったく慌てませんでした。なぜなら、売上高の減少は、本業以外のことに手を広げすぎたこと等、原因がわかっていたからです。ところが追い打ちをかけるように、リーマン・ショックが到来しました。それでも社員たちはみな一丸となり、それを乗り越えていくために努力を惜しみませんでした。だからこそ店舗削減やリストラをせず、会社は数ヶ月で黒字回復を果たすことができたのです。そして、成長し現在の店舗数は700を超えています。

株式会社イエローハット 堀江康生

重要なことは、なにより現実を素直に受け入れる柔軟性です。人の意見を素直に聞くということもそうですが、社の売上げが減ったのなら、その専門分野のなかでも未開拓な部門を探せばいいと考え、車検獲得などを実行しました。会社をむやみに大きくしようとせず、地道にお客様のお役に立つことを考えていれば、商売は成り立つと思います。

若いみなさんにとっては、「辛坊して、叱られる」という経験が少ないかもしれません。しかしその先には、「成長と成功」に繋がるチャンスがあるのです。その喜びと達成感を、ぜひ知ってもらいたいと思います。