LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社天野産業 天野貴三

氏名
天野 貴三 (あまの たかみつ)
生年月日
1982年
趣味
ゴルフ、海水魚飼育
座右の銘
その道において一流
心に残る本
『こころ』夏目漱石
尊敬できる人
父親、野口英世

社名
株式会社天野産業
本社所在地
千葉県千葉県山武市板中新田192-8
資本金
1億円(2016年4月現在)
従業員数
95名(2016年4月現在)
事業内容
銅線・非鉄金属・木製空ドラム・電気機器類の回収・買取・再生加工・販売等の非鉄金属卸売業
株式会社天野産業
代表取締役

天野 貴三

Amano Takamitsu

迷ったなら、まずは一歩踏み出してみる

百聞は一見に如かず――。そのことわざの通り、人生では、とにかく行動してみることが大切です。実行してみた結果、新しいフィールドに辿りついて、次の目標が見つかることが多くありますから。

当社では、工場や現場で不要になった銅線や非鉄金属、木製空ドラム、電気機器類などを回収・買取した後、再生加工を行なって販売しています。2002年の創業以来、環境に優しい資源循環型のビジネスで、多くのクライアントから支持を集めて、成長を続けてきました。私が社長に就任したのは、2010年の頃です。当時、関東圏を中心に営業を行なっており、支社なども展開していませんでした。

転機となったのは、2011年に発生した東日本大震災。震災が起きた後、すぐに現地へ駆けつけて、明日の生活にも困っている多くの人を目にしました。その瞬間、会社のトラックを使って、救援物資を運ぶボランティアをしようと決意します。社内からは、反対する声も上がりました。今は事業の安定化が最優先なのではないか、と。

株式会社天野産業 天野貴三

しかし、そうした声を振り払って、私はボランティア活動を実行に移します。確かに、仕事をする上で報酬は大切な要素ですが、それが全てではありません。社会的な価値の提供や自分自身の成長など、別の意義もあるのです。

最終的に、どれだけ役に立てたかは分かりません。ただ、ボランティア活動を通してできた縁がきっかけとなって、その後、宮城県に東北支社を作りました。経営者として、雇用を創出することも復興支援の一つです。そのため、東北支社では、積極的に現地の人材の採用を行なっています。

最近の学生は、最新のデバイスをスムーズに使いこなせますし、発想も豊かな方が多くいます。しかし、多くの情報で溢れているからでしょうか。自信が持てずに、何も行動ができない方も増えていると感じています。

ただ、百聞は一見に如かず。まずは初めの一歩を踏み出すことで、世界は広がっていきます。逆説的にはなりますが、行動をするため、まずは多くの人の話を聞いたり、たくさんの本を読んだりしてみるのも一つの手段でしょう。たくさんの知識を吸収したなら、自分の選択に自信を持つ。そして、後はとくかく行動あるのみ。熱意を持って、自らのステージを切り拓いてほしいですね。