LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

アパグループ 元谷外志雄

氏名
元谷 外志雄 (もとや としお)
生年月日
1943年
趣味
モータースポーツ、射撃
座右の銘
男一世一代、如何程の事が出来るものかトライして生きろ
心に残る本
『孫子』(孫武)
尊敬できる人
織田 信長

社名
アパグループ
本社所在地
東京都港区赤坂3-2-3
資本金
19億1,200万円(2015年8月現在)
従業員数
約2,700名(2015年8月現在)
事業内容
都市開発事業、総合建設事業、ホテル事業、総合金融業
アパグループ
アパグループ代表

元谷 外志雄

Motoya Toshio

自分の強みをカウントして、生きよう

私は小学五年の頃から、趣味は新聞の読み比べでした。「新聞は複数紙を読んで意図を読み取れ」と事業家だった父から教えられてきたのです。

その父は私が中学二年の時に病気で亡くなり、私は長男だったため自分を守ると共に家族を守る生活を強いられました。私は町内での古本回収行事で、まず軍事関係など興味がある本は自分用によけて、高く売れそうな本は古本屋に持って行って稼ぎを得、残りを古紙回収業者に持っていきました。中学の頃には、路上でやっていた自転車預かりの仕事にも精を出していました。生活を守るために必死だったのです。

しかし、これまでの人生で「辛い」と感じたことはないです。早くに父が亡くなった事は決して良い事ではないですが、そうした経験を糧にすれば結果はプラスになっていくもの。実際私にとって、自分で一家を守っていかないといけないという気持ちを持つ事ができたのも、結果的にはプラスでした。そして中学の頃には、自分も父のように事業家になろうと意識し始めたのです。

アパグループ 元谷外志雄

ただ、自分の思う通りに生きてきた分、リスクがあった事も事実です。そんな中で45年間一度も赤字を出さず、一人のリストラもせず経営を続けることができたのは、ある意味では未来予測が的確だったからでしょう。その背景にあるのは、子供の頃から読んでいる新聞と、旺盛な好奇心かもしれません。

活字で得た知識を、経験と見聞で検証し、有り得ることか有り得ないことかを振り分けて現在を解析する。それができれば未来は自ずと見えてきます。私は1976年のモントリオールから、毎回オリンピックの開会式か閉会式を現地へ行って見てきましたが、オリンピックはスポーツの祭典だけではなくて、芸術、音楽、建築美など、その国の文化の総結集がそこにはあります。

人生は一度きり。大事な事は全力でトライし、自分の人生を勝ち取って楽しく生きることです。そのためには、自分の強み、プラスをカウントして生きる事が大切です。

極論から言えば、生きているだけでも運がいいと考える。健康なときには健康が武器と考えず、若いときには若さが武器だという事を知らない。年を取ってから、若い時は良かったねと言う。それじゃ駄目なんです。早くから自分の強みをカウントし、磨いて、生きていってください。