LEADERS' AWARD ~20万人の学生があこがれる経営者アワード~

株式会社大島産業グループ 大島康朋

氏名
大島 康朋 (おおしま やすとも)
生年月日
1965年
趣味
人間ウォッチング
座右の銘
仕事が先、金は後、口は最後
心に残る本
松下幸之助『人生と仕事の心得』
尊敬できる人
尾藤 公氏、高丘 司氏

社名
株式会社大島産業グループ
本社所在地
福岡県宗像市冨地原1791-1
資本金
6,000万円(2015年8月現在)
従業員数
120名(2015年8月現在)
事業内容
建設事業、物流事業
株式会社大島産業グループ
代表取締役CEO

大島 康朋

Oshima Yasutomo

時計の針は戻らない

私は幼い頃から野球に没頭し、甲子園の舞台にも立ちました。そして19歳の頃、病に伏せた父の跡を引き継ぎ、社長に就任しました。

しかしこれまでの自分の人生を振り返ってみても、理想や夢物語を抱いたことは一度もありません。ただ目の前にある日々と向き合い、日々を繰り返してきただけだからです。それだけに、100名以上の社員を背負う現在の自分を、当時は想像もしていませんでした。夢を語っているだけでは甲子園には行けなかったでしょうし、会社は潰れていたことでしょう。たとえ夢を持たずとも、たくさんの失敗を経験しながら、常に前を向いて歩めばいいのだと思っています。

私は幼い頃から現在まで、常に競争の中を生きてきました。創業者である私の父からも、「人に負けるなよ」という教育を徹底されてきました。

現代の学校教育では、子どもに順位を付けることを善しとしません。校内マラソンで一位を獲っても、その結果を公表しないことが一般的。学力テストで100点をとっても、忘れ物が多ければ通信簿は赤点になる。そうした評価体制のもとで教育を受けて、社会に出てから突如、競争しなさいと言われてもできるはずがありません。

株式会社大島産業グループ 大島康朋

人生は競争です。その中で失敗や挫折をしないとわからないことが沢山あります。失敗をしたから良いとは言いませんが、少なからず世の中には、多くの苦労や困難を経験している人がいる。そうした痛みや怖さをわかる人間にならないといけません。失敗を教訓にして、学ばなくてはいけないのです。

その中で大切なことは、自分より強いものと闘おうとすること。なるべく険しい道を選ぶこと。弱い者いじめではなく、自分より強い者と闘うことで、人は強くなるからです。

時計の針は戻りません。その場で立ち止まる人も、前へ進もうとする人も、平等に時は流れていきます。つまり失敗を次に繋げようとするか否かは、自分次第ということです。

物事をどう捉えるかで、その人の人生は大きく変わります。そして自分の人生は、自分でつくるもの。誰の人生でもありません。後悔するのも立ち止まるのもその人の自由。たとえ思わぬ事態が起こっても仕方がないと捉え、前を向くことも自由なのです。